不動産屋への就職

不動産屋への就職を考える際、どうしても不動産関係の資格やスキルに目が行きがちですが、それらが無くとも就職口はあります。

不動産屋の仕事のメインとなるのは、物件をお客さんに紹介して契約までこぎつけることです。
しかしながら、事務作業や会計処理、営業などは他の会社などと基本的には同じです。
一般的な企業に就職する際、資格などが求められないのと同じで、資格やスキルが無くとも不動産屋へは就職できるでしょう。

不動産屋への就職を考える際には、資格やスキルより、若さや体力の方が必要かもしれません。
これは例えば、多くの企業でもそうであるように、社員として採用するのは主に大学の新卒の生徒です。

本物の不動産屋の裏話見ますか?

そして、不動産屋に入って多くの人がすることは営業でしょう。
物件の情報をお客さんに紹介していき、契約を得るのです。
お客さんは不動産屋に直接来て物件の情報を閲覧する方もいれば、不動産屋の社員が売り込みに行って獲得するお客さんもいますし、相手が個人とは限らず業者の場合もあるでしょう。
特に、個人宅に訪問して物件を売り込むと言うのが、営業のイメージにぴったりです。
不動産屋へ就職すればまず営業職などをすると考えればいいでしょう。

また、はじめから事務や会計専門の社員を募集することもあります。
このように見ていくと、不動産屋といっても普通の企業への就職と基本は変わらないと言えそうです。
ただ、一つ特徴を上げると、離職率は高い方かもしれません。
逆に言えば、就職するのは意外と簡単ということです。

このページのトップへ